手術

不妊(避妊)去勢手術について

文字どおり不妊を目的とします。生後6ヶ月を目安に手術しています。7ヶ月を過ぎると性成熟に達します。男の子なら足を上げておしっこをはじめる、女の子なら発情・生理が来る時期です。

病気の観点からすると、

男の子は前立腺の病気、肛門周囲の腫瘍、会陰ヘルニア等を防ぐことを主な目的としています。

女の子は子宮蓄膿症、乳腺腫瘍(乳がんを含む)を防ぐことを目的としています。特に乳腺腫瘍の予防目的には初回発情前に行うことをお勧めします。ミニチュアダックスで圧倒的に乳腺腫瘍は多いが悪性は少なく、逆にW・コーギーで悪性の率が高いとされています。子供が欲しい場合でも病気(子宮蓄膿症、卵巣の腫瘍)の予防を目的とし、7歳前には不妊をお勧めしています。

当院では 手術料はもちろん、血液検査(犬は血液凝固検査含む)、全身麻酔、局所麻酔、術中モニター・点滴、内服薬、検診抜糸、エリザベスカラー まで含んだセットとなっています。オプションで血液検査項目を増やしたり、エリザベスウエアにすることも可能です。

当院では精巣、子宮卵巣の離断にマイクロ波外科手術用エネルギーデバイス(アクロサージ®)を使用しております。

スケーリング=歯石除去について

同様にセットで行っています。抜歯時には人と同じように局所麻酔を別途させていただきます。

軟部外科

大型犬の断指、胃捻転、鼠経ヘルニアの腸嵌頓、腹腔内巨大腫瘍摘出

画像はありませんが会陰ヘルニア、膀胱内結石による尿道切開etc.にも対応していますのでご相談ください。

以下手術画像が出ますのでご注意ください。

整形外科

骨折のチタンインプラントによる固定、ひじの脱臼整復

画像はありませんが、小型犬の膝蓋骨脱臼etc.も行っております。

以下手術画像が出ますので苦手な方はご注意ください。