トリミング・スキンケア

小動物獣医学情報誌 SAC No195 2019 Jul. に6ページにわたりトリマー目線からのスキンケアについての投稿が掲載されました。その中で、シャンプーのやり方についても掲載させていただきました。。ご協力いただいた共立製薬株式会社様ありがとうございました。「アロマベッツトリートメント®モイスト泡シャンプー」のパンフレットにも当院の看板犬のちょいちょいが起用されています。

シャンプーのやり方について

シャンプー剤の選択は近年変わってきています。人でも皮膚の弱い人は特に

「泡で洗う」「こすらない」「保湿」

は当たり前になりつつあります。トリミングでもやっていることは女性の洗顔と基本は同じです。下準備からケアまで人のやり方をモデルにして、皮膚病ならそれに工程を加えます。例えば、シャンプーに関して言えば泡立ててそれを乗せるのが基本。なので泡立ちの悪いシャンプーは過去の遺物です。「何のためにシャンプーするか?」にもよりますから一概には言えませんが、当院では泡立ちの悪いシャンプーは皮膚を傷めるので使いません。

このような細かい気遣いの積み重ねが必要で、皮膚を傷つけないように洗うには知識と技術が必要です。なので、

導入期はこちらでシャンプーする

ことをお勧めしています。皮膚が傷めつけられている状況を脱すれば、自宅でのシャンプーに切り替えます。その際にシャンプーの正しいやり方をじっくりお話しします。

皮膚好き獣医師的観点、有名サロンにも負けないトリマー的観点の融合が当院のウリです。

当院のシャンプーの仕方が最先端な理由として、下記製品のシャンプー動画は一部を除き当院で撮影されております。患者様や当院看板犬の「ちょいちょい」がモデルを務め当院トリマーが施術しております。皮膚の状態や毛質によりシャンプーは多種の中から選定させていただきます。

完全予約制で、”当院で”既定の時期に「混合ワクチン」「フィラリア検査・予防」「ノミダニ予防」を行っていただくことを条件に行っております。

*一部例外あり、下記参照


トリマーが皮膚の状態・体調をみながら、飼い主様のご要望に応じたカットスタイルを行う他、その子その子に合ったカットや長持ちさせる負担の少ないカットを提案させていただいております。参考にしたいカット等がある場合には遠慮なく雑誌・写真等お持ちください。

日頃シャンプーや爪きりなどに慣れていないワンちゃんにも無理に強要はせずに、コミュニケーションを取りながらストレスの少ないトリミングを心がけております。又、初めてトリミングに出す子犬であったり、老犬で体力が心配なワンちゃん達にも細心の注意を払いながら、必要であれば獣医師の監視下でトリミングを行います(状況により、獣医師の判断でトリミングを中断する場合もありますのでご了承ください)。

ネコちゃんのシャンプー・トリミング(バリカンによるカット)も行っておりますが、こちらは事前に診察に来ていただき、ネコちゃんの性格や状態を確認させていただいてから予約を入れていただく形になります。

性格的に極度の緊張や威嚇でトリミングが困難と判断した場合には、ストレス軽減・興奮時のネコちゃんの怪我防止の目的で獣医師の監視下による鎮静、または全身麻酔をかけさせていただくか中断させていただきますのでご了承ください(中断させていただいた場合にもそれまでのトリミング料金は発生いたします)。

当院ではターレス社のマイクロバブルバスを導入しております。通常のシャンプー・トリミングのほかに日常のスキンケアとして、また獣医師と連携を取りながら皮膚病の治療の補助・維持として活用していきたいと考えております。季節・体質などにより、毎回その時の体調や皮膚の状態をチェックしながら適切なシャンプー剤・又は薬浴(皮膚病の治療として薬用シャンプーを使用すること)選びも獣医師と相談し行います。

シャンプー剤のみならず水温・シャンプー時間・ドライング時の風の温度などと細かくチェックしながら皮膚のコンディションを最大限に引きだせるようなトリミングを心がけております。

定期的なトリミングは皮膚、耳はもちろん体調変化を早期発見できる機会にもなります。動物病院に併設しているためトリミング後の治療にも直結できますのでどうぞご利用ください。

病院なのでリスクが高い子もシニア犬のトリミングも受けています。こちらも当院で診断治療していないと状況が把握できないため、お断りしています。



***************************************

当院では安心してご利用いただくために、しっかりと予防をされておられる患者様に対しての限定サービスとさせていただいており、以下のような条件を設けております。

①当院の患者様で1年以内に診察を受けていること

②当院で混合ワクチンを受けている。ワンちゃんは狂犬病のワクチン

  (集合注射でも証明書があればOK)を受けている。

③当院でノミダニ予防をしている。市販品、他院で行っている場合は不可

  (つけたことが証明できないため)

④当院でフィラリア予防検査を行っていること

*1歳未満、引っ越してこられた等一部例外あり。

当院でワクチン(混合ワクチン・狂犬病ワクチン)、フィラリア検査予防、ノミダニ予防をされていらっしゃらない場合で以後当院の患者様になっていただく場合は隔離扱いとなりますので割増料金がかかります。

****************************************

・トリミング中にノミ・ダニを発見した場合にはお預かり中の他のワンちゃんネコちゃんに移ってしまいますのでその場で治療させていただき、料金を別途請求させていただきます。

・料金設定につきましては直接お問い合わせください。